LQDB Liberty Questの技術メモサイト。

What do you need?

プラグインコマンドの実装に最低限必要なコード

TestPluginCommandのプラグインコマンドを実装する

var _Game_Interpreter_pluginCommand = Game_Interpreter.prototype.pluginCommand;
Game_Interpreter.prototype.pluginCommand = function( command, args ) {
  _Game_Interpreter_pluginCommand.call( this, command, args );
  if( command === 'TestPluginCommand' ) { // コマンド名
    switch( args[0] ) {
      case 'Helloworld': // 引数0 が Helloworld の場合
        console.log( 'Hello World!' ); // 実行内容
        break;
    }
  }
}

上記のコードを使うと “TestPluginCommand Helloworld” のプラグインコマンドを実装でき、これを実行するとコンソール上に “Hello World!” と出力されます。
このコード自体に実用性はありませんが、あくまで最低限必要なコードを示すということで。

補足

上記のコード中に含まれる args はいわゆる引数の事で、例えばプラグインコマンドの入力欄で TestPluginCommand Helloworld Hogehoge とした場合
args[0] に Helloworld が、 args[1] に Hogehoge が入り、これらを上手く使う事で様々なコマンドの分岐を実装出来ます。

(2) Comments

コメントを残す

コメント内容の項目は必須入力です。
コメントは承認後に公開されますので反映に時間がかかる場合がございます。また、メールアドレスは公開されません。

返信先: